"Our goal is to help to significantly
enhance people's life."

by Taibi Kahler, Ph.D.

お問い合わせ|心理,交流,ビジネス,ケーラー コミュニケーションズ ジャパン

お問い合わせフォーム

この度はPCMセミナーにお問い合わせいただきまして、誠にありがとうございます。
お問い合わせは下記のフォーム、電話045-651-5590、もしくは、FAX045-662-2158で承っております。お問い合わせ内容を確認した上で担当者よりご連絡いたします。

下記項目にご入力の上、確認ボタンをクリックして下さい。

御社名(団体名)
氏名必須
ローマ字(例:Yamada Tarou)必須
性別必須
 
住所必須
〒  -
電話番号 (ハイフンなし)必須
携帯メールアドレス (半角英数字)
PCメールアドレス (半角英数字)必須
PCMを知った経緯
 
 

業種
お問合せ内容
個人情報取扱・セミナー利用規約
この度はProcess Communication Model®(以下PCM®)セミナーへのお申し込み、誠にありがとうございます。
弊社ではお客様の個人情報取扱及びセミナーの利用規約について、下記の通り、取扱っております。お手数ではございますが、下記御一読の上、ご同意いただきますよう宜しくお願い申し上げます。

I 個人情報取扱

1 個人情報の取扱
セミナーお申込み、お問い合わせ、PPI等で、弊社からお客様に個人情報の提供をお願いすることがあります。弊社は、ご提供いただいた個人情報に関して弊社の「個人情報保護方針」(プライバシー・ポリシー)に則し、取り扱いに細心の注意を払います。
2 個人情報の管理
弊社は、弊社の管理下にある個人情報の紛失や誤って使われたり、または改変されたりすることのないよう、厳重なセキュリティ対策を実施しています。個人情報は、一般の利用者がアクセスできない安全な環境下に保管しています。
弊社では、当社が信頼に足ると判断し個人情報の守秘義務契約を結んだ企業に、業務の一部として個人情報の取り扱いを委託する場合がありますが、この場合にも、お客様の個人情報は弊社の個人情報保護方針のもとで保護されます。
3 個人情報の利用
提供いただいたお客様に関する個人情報については、お問い合わせに対する連絡、申し込まれたセミナーに関する連絡、各セミナー開催等のお知らせ、セミナーのサービス向上を目的とした情報収集、PPI分析に利用させていただきます。
4 個人情報の第三者への開示(提供)
弊社は、お客様のご承諾がない限り登録された個人情報を第三者に開示することはありません。但し、お客様の同意がある場合、弊社の協力企業、提携会社および業務委託会社に対して、個人情報を開示する必要がある場合 、個人を識別できない状態に加工した統計的なデータとして使用する場合、法令等により提供を求められた場合、法律に基づき開示しなければならない場合、弊社とお客様の権利/財産/安全などを保護/防御するために必要であると判断される場合には、個人情報を開示することがあります。
5 個人情報の提供(本人への開示
弊社は、お客様の個人情報をできるだけ正確かつ最新の内容で管理します。お客様からお申し出があったときは、ご本人の確認をさせていただいた上で、これを開示するものとします。
但し以下の各号のいずれかに該当する場合は、その全部または一部を開示しないことがあります。

お客様または第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
弊社の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
他の法令に違反することとなる場合
6 前項において個人情報の全部または一部を開示しない旨の決定したときには、お客様に対し遅滞なくその旨通知するものと致します。
7 個人情報の訂正・削除
弊社は、お客様から自己の登録情報の追加・変更・訂正または削除(以下「訂正等」という)の要請を受けたときは、必要な調査を行ったうえこれを訂正等するものとします。
8 前項において個人情報の訂正等を行ったときには、お客様に対し遅滞なくその旨通知致します。
9 IPアドレスの利用について
弊社は、ログに記録されたお客様のIPアドレスを利用することがあります。利用目的として主に下記の目的で利用します。
サーバーで発生した問題の原因究明・解決するため
サイト管理のため
10 クッキーの利用について
弊社のサイトは、クッキーを使用することがあります。クッキーとは、ウェブサイトがお客様のブラウザに送信する小規模の情報であり、お客様のディスクにファイルとして保存されることもあります。ウェブサイトは、クッキーの使用により、お客様が訪れたページを記録し、これをカスタマイズ、サービスの向上等に役立てることができます。
また、クッキーの利用で入手した情報を統計的に処理した集約情報を公表することがあります。これには、個々の利用者を識別できる情報は含みません。お客様は、ブラウザの設定により、クッキーの受け取りを拒否したり、クッキーを受け取ったとき警告を表示させたりできます。
11 保証及び責任制限
弊社サイトの利用は、お客様の責任において行われるものとします。
弊社ホームページ及び弊社ホームページにリンクが設定されている他のWebサイトから取得された各種情報の利用によって生じたあらゆる損害に関して、弊社は一切の責任を負いません。
12 準拠法
弊社サイトは弊社の管理下にあります。
弊社サイトは法律の異なる全世界の国々からアクセスが可能ですが、当サイトにアクセスされた方および弊社の両者は、かかる法律原理の違いに関わらず、当サイトの利用に関して日本国の法律および神奈川県の条例に拘束されることに同意するものとします。
また弊社は当サイト上で、アクセスされた方の環境において当サイトのコンテンツが適切であるかなどの記述や表示は一切行いません。当サイトへのアクセスはアクセスされるみなさまの自由意志によるものとし、当サイトの利用に関しての責任はアクセスされる方にあるものとします。
13 ご注意
弊社のサイトは、外部のサイトへのリンクを含んでいます。弊社は、リンク先のサイトにおける個人情報保護や、サイトの内容に関して責任を負いかねます。
14 個人情報保護に関してのご質問
下記までご連絡下さい。

ケーラーコミュニケーションズジャパン
045-651-5590
info-kcj@kcj-pcm.com

II セミナー利用規約

1 受講費用お振込み後のキャンセルについて
Key To Meセミナーにおいては、パーソナリティ調査のための質問(以下PPI®)への回答前まではキャンセルがあれば全額受講料を返金します。返金についての振込手数料はお客様にご負担いただきます。PPIへの回答後は、キャンセルがあっても受講費用は返金しませんので、できるだけ日程変更をして受講されることをお勧めします。
Basicセミナー及びAdvancedセミナーにおいては、振込日~セミナー開催日15日前までのキャンセルについては70%返金、14日~セミナー当日(セミナー開始前)までのキャンセルについては50%返金をします。返金についての振込手数料はお客様にご負担いただきます。
Masterコースにおいては、振込日~セミナー開催日8日前までのキャンセルについては全額返金、開催日7日前~第一回目の当日(セミナー開始前)のキャンセルについては90%返金します。返金についての振込手数料はお客様にご負担いただきます。
2 変更
お申込みされた日にちにて受講できなくなった場合、受講費用の振込みの有無に関わらず日程変更を承ります。日程変更のための手数料はかかりません。お振込みされた時と日程変更された時と受講費用の改定があり費用が異なった場合、その差額はお支払いいただきます。
3 欠席
事前に日程変更のお申出がないままセミナーを欠席された場合には、その後日程変更のお申出がありましたら日程変更としてお受けします。次回以降ご都合の宜しいセミナー日をお知らせください。セミナーに参加することなくセミナー資料のみお渡しすることはできません。その後も日程変更のお申出がない場合にはキャンセルなき欠席として、受講費用は返金いたしません。
4 セミナーの中止
火災、停電等・悪天候、地震、噴火、洪水、津波等の天災等・戦争、動乱、暴動、労働争議等、疫病、インフルエンザ等・講師の急な事故、病気等の事由により、休講、セミナーの中断または講師の変更を行う場合があります。
5 PCMの権利
PCMに関する一切の権利はケーラーコミュニケーションズインコーポレーテッド(以下KCI)が保有し、公洋ケミカル株式会社ケーラーコミュニケーションズジャパン(以下KCJ)がPCM の頒布、教育、訓練及びコンサルティングに関する日本における独占権を有し、KCJが作成したPCM に関する資料及びホームページについてはKCI及びKCJが著作権を有しています。
KCJの許可なく、PCM の名称を使用すること(名称の如何にかかわらず)PCM のセミナーを開催すること、セミナーを録音、静止画・動画を撮影すること、それらを使用すること、弊社から受領したPCM のプロファイルその他の資料をセミナー等の目的で使用すること、複製し頒布、改編すること、PCMの内容、PCMのセミナーの内容、セミナーで配布された資料の記載、PCM に関するホームページの記載を書籍等の出版物・WEBサイト・SNS・頒布を目的とした書面等に転載すること、PCMに関する資料を作成し頒布すること、PCM に関するホームページを複製し改編することは著作権を侵害することになります。
6 禁止行為
5項のPCMに関する権利を侵害すること。
セミナーに参加している受講生に対し、物品やサービスの販売行為、他セミナーの勧誘、その他の勧誘等を行うこと。
セミナー会場内でのカメラ等を使用して静止画、動画を撮影すること。
セミナー会場内で、講師の話や受講生の発言を録音すること。
7 違反行為があった場合の処置
お客様が6項の禁止行為を行った場合、受講資格を取り消します。
セミナー当日の会場や、弊社が主催する懇親会中に禁止行為が行われた場合もしくは行おうとした場合、セミナーの途中、懇親会中でも退場してもらいますが、受講費用等は一切返金致しません。
8 賠償責任
お申込いただいたセミナーを(日程を変更しても)実施することができなくなった場合には、お支払いただいた受講費用等をお返ししますが、それ以外のお客様に生じた損害についての一切の賠償には応じることはできません。
9 受講生間のトラブル
お客様間に生じたトラブルについては、弊社は一切関与せずまた責任を負わず、お客様間で解決して頂くものとします。本セミナーに関連して、お客様と第三者との間に生じたトラブルについても、弊社は一切関与せずまた責任を負わず、受講生間で解決するものとします。お客様間もしくはお客様と第三者との間で生じたトラブルにより、弊社が損害を被った場合には、弊社に生じた一切の損害を補償して頂きます。

以上
公洋ケミカル株式会社
ケーラーコミュニケーションズジャパン

ケーラー コミュニケーションズ ジャパン

〒231-0021
横浜市中区日本大通60 朝日生命横浜ビル4階

Process Communication Model